オフィス

【2018年】今、無線LANを設置するならメッシュWifiを検討すべき理由

自宅にWifiを設置したいときどうしていましたか?これまでは一般的な無線LAN装置を一台設置してましたよね。しかし、これでは電波が届きにくい部屋があったりします。

例えば広めのマンションや一軒家など電波が届きにくい場合があった場合は、メーカーとしては中継機を設置することを推奨していますし、人によってはもう一台無線LAN装置を設置したりしていたと思います。

しかし「メッシュWifi」を使えばそのような面倒なことは最小限にすることができます。(ここではWi-FiをWifiと省略して記載致します)

メッシュWifiとは何か?

メッシュWifiとは「複数のメッシュWifiサテライトによって、一つのモデムをより広い場所でカバーすることができる無線LAN技術」です。

これまで無線LANの親機を設置していたところに、このメッシュWifiルーターを設置し、電波の届きにくかったところにメッシュWifiサテライトを設置するだけでスムーズに接続が出来るようになっています。

普段スマホをご自宅で使用している際、電波が不安定だと、Wifiにつながったり、繋がらなかったりすることでイライラされている方も多いと思います。

メッシュWifiではこうした接続不安定の問題が解決されます。技術的な詳細は割愛いたしますが、スマホなどの無線LAN端末にとってローミングによって最適な接続経路を自動的に構築してくれるという点において、より安定通信ができる仕組みになっているのです。

メッシュWifiが向いている例と向いていない例

簡単にまとめますとメッシュWifiが向いているケースは以下のとおりです。

  • 自宅で安定的にWifiを使いたい場合
  • これまで中継機を使用しても不安定さが解決しなかった場合
  • スマホやモバイル通信機器を自宅で使う場合
  • 小規模事務所やコワーキングスペースで使用する場合

反面、あまりおすすめをしないケースというのもあります。

  • これまで特段の不満がない場合
  • 固定ゲーム機などで有線LANをメインで使用する場合
  • 予算がない場合

自宅での無線LAN利用でさほど不満を持っていない場合はこれまでどおりの運用で十分です。また、PS4などは有線LANのほうが安定してゲームが出来るのでおすすめしません。

また、メッシュWifiの機器は今の所、比較的高価ですので価格面では自宅での導入メリットはあまりないかも知れません。

メッシュWifiを導入する際の費用とおすすめ装置

自宅でメッシュWifiを使用する際は専用の機器が必要です。

Google WifiやNETGEAR Orbiなどの製品がありますが、おすすめは「TP-Link Deco」です。あまり聞いたことがないという方もいらっしゃると存じますが、近年では実績も十分で、無線LANの技術においては日本のメーカーに劣らない製品を製造していると思います。

価格も2ユニットのセットで1万6000円ほどとお手頃になっています。

 

最高で100台の通信機器の接続ができます。これは業務用Wifiにも劣りません。そして10台ものユニット拡張ができますので、一般的な無線LANの中継機よりもかなり安定して使用することができるように設計されています。

設定もアプリから簡単にできますし、これまでだましだまし使用してきた主に一軒家での導入でどの場所においても大幅に通信が改善されたという声が報告されています。

IoTやスマートホームの導入を見越してメッシュWifiの設置を検討しては?

こうしたメッシュWifiが普及し始めている大きな理由の一つに、「無線LAN可能なモバイルデバイスの急速的・圧倒的な普及」が挙げられます。

Google Wifiは自宅内の様々なインターネット機器が快適に使用できるようメッシュWifiを普及させることを目標にしていますし、Google Homeを本格的に使用してもらうためにはどの部屋からでも使用できるような通信環境が必ず必要です。

こうした自宅のIoT化やスマートホームの普及がメッシュWifiを急速に普及させていると言っても良いでしょう。

もちろん、そこまでデジタル化を進めていなくても、自宅でスマホや携帯ゲーム機をどこでも使えるようになればとても便利ですよね。

日常の中にGoogleのみならずGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)のようなデジタル企業が浸透していくための一つのインフラとしてこうしたメッシュWifiのような機器がますます導入されつつあるのですね。