大学・研究

放送大学の学生も教育研究活動中の事故やケガを保証する保険に加入できる

放送大学で加入できる学生教育研究災害傷害保険とは

学生教育研究災害傷害保険とは「加入者である学生が教育研究活動中に被る事故に対する保障を目的とした保険」です。

放送大学のすべての種類の学生が加入することができます。

スクリーンショット 2018-09-01 19.17.46

面接授業中、大学が認めた学生団体活動中、その他大学の施設にいる間に被った事故等については保険金の支払対象となります。ただし、故意、自殺、疾病、地震、危険度が高い課外活動は対象となりませんので注意して下さい。

放送大学は通信制大学なので保険適用となる活動は、全日制の大学と比較すると少ないですがこうした保険がちゃんと準備されているんですね。

放送大学の学生教育研究災害傷害保険の内容

保険金額は学生教育研究災害傷害保険が100円(6年間有効)です。

放送大学で授業となるとあまり頻度は多くありませんが、ゼミへの参加や面接授業、そして研究のためのフィールドワークに資料収集など研究活動を広く行うことがあると思います。

こうした保険に入っておけば万が一の事故に対応できますよね。

付帯特約

特約として「通学特約(通学中の事故を補償)、付帯賠償(他人に被害を与えた場合への保障)をつけることができます。通学特約はプラス40円(6年間)、付帯賠償はプラス340円(1年)と極めて安い掛け金なので心配な方は入っておきましょう。

例えば授業を受けに行く際に大学に行く途中で階段を駆け下りていたときに人にぶつかりケガをさせてしまった場合などはこの付帯賠償によって保障されます。

スクリーンショット 2018-09-01 19.28.34

保険期間

加入の翌日午前0時から保険適用開始となります。

一度加入すると、学籍が間をおかず、教養学部に引き続き在学中である限りは保険周期まで保険期間が継続します。また加入日にかかわらず、4月入学者は保険周期は3月31日になり、10月入学者は保険終期は9月30日になりますので注意して下さい。

放送大学の学生が保険に入る場合の手続方法

各学習センターやサテライトスペースで加入することができます。
所属している学習センター以外でも加入できます。

まとめ

放送大学は通信制大学なので、授業でケガや事故に合う機会は限られていますが、面接授業や学習センターへの通学、サークル活動などの際はなんらかの事故に巻き込まれる可能性があります。

そうした学生のリスクに対応できる保険として学生教育研究災害傷害保険が準備されていますので、もし必要だと考えられる場合はぜひ活用して保障を受けましょうね。

リンク集

学生教育研究災害傷害保険ー公益財団法人日本国際教育支援協会
http://www.jees.or.jp/gakkensai/

学生教育研究災害傷害保険のしおり
http://www.jees.or.jp/gakkensai/docs/publish/2017chohyo/siori/2017gakkensai1200_shiori.pdf