Tech

IFTTTを使って特定のハッシュタグをつけたツイートをTrelloに格納してやりたいことをちゃんと覚えておく

何かをやりたい、つくりたいと思ってもすぐに忘れちゃう。

そんなことはありませんか?

 

メモ帳にメモしたり、TODOリストを作るのも一つのやり方ですが、

日本人ならメモ帳を開くよりもツイッター、Trelloを開くよりもツイッターですよね。

そんなときはIFTTTを用いて簡単にツイッターをTODOリスト化しましょう。

 

まずはIFTTTのページに行きます。

ifttt.com

 

右上に「Sign up」というボタンがありますよね。

こちらから自分のアカウントを作成します!(詳細省略)

f:id:hapwish:20180503174359p:plain

Googleアカウントでも、フェイスブックアカウントでも構いません。

その後「Sign In」からログインしてみましょう!

すると右上に自分のIDが表示されます。

 

 

次に左上の「My Applets」をクリックし、右上の「New Applets」をクリックします。Twitterをクリックします。

f:id:hapwish:20180503175220p:plain

 

なんだか、下の写真のようによくわからない英語表記が並んでいます。

これは「もしこれをしたらこうしてほしい」という条件を書くところです。

「if✚this then that」と書かれていますので「this」の部分をクリックします。

 

 

f:id:hapwish:20180503175410p:plain

 

すると「Twitter」というボタンがあるかと思います。(画像左あたり)

そこをクリックします。なければサーチボックスで「Twitter」を検索します。

 

今回は特定のハッシュタグをつけたツイートをTrelloに保存するので、「こうしたら」の部分(トリガー)を「New tweet by you with hashtag」とします。

なので、下の画像で言うと上の段真ん中をクリックしましょう。

 

f:id:hapwish:20180503175534p:plain

 

 

どんなハッシュタグを使うかは自由ですが、今回はつくりたいものを覚えておくという用途なので「#tsukuru」とでもしておきます。(ここは自由)

入力後は「Create trigger」をクリックします。

 

f:id:hapwish:20180503175659p:plain

 

すると、下の画像のような画面に切り替わります。

今回は「ツイッターで特定のハッシュタグをつけた」場合、thatを実行します。

ということで、thatで何をするかを設定しますので、クリックします。

 

f:id:hapwish:20180503175819p:plain

 

Search servicesよりTrelloを検索します。

下の方にスクロールすると見つかりますが、検索したほうが早いかもしれません。

 

f:id:hapwish:20180503180439p:plain

 

クリックすると下の画像のような画面になります。

「Create a card」をクリックします。

 

f:id:hapwish:20180503180627p:plain

次に、どのボードにカードを入れるかを「Witch board?」で選びます。

どのリストにカードを入れるのか決めるので「List name」は「つくるもの」とか「やることリスト」とか入力します。

 

その他は特に変更しないでも良いかと思いますが、自由にアレンジしてください。

f:id:hapwish:20180503180840p:plain

 

できたら、次のページでちゃんと「Finish」を押してくださいね。

(押さないで消すと当然ですが、今までの作業が水の泡ですので)

 

f:id:hapwish:20180503181142p:plain

すると完成です!

Trelloを見てみてください、ほらちゃんと入ってますね!

f:id:hapwish:20180503181316p:plain

 

皆さんもいろんなレシピで自分にあったサービスを作りましょう!

RELATED POST