ヘルスケア

今すぐ実行しよう!口臭対策の完全マップ|自信を持てるオーラルケアを目指せ

長年口臭に悩む人を対象にした記事です
私自身10年以上口臭に悩んだ経験から、完全に口臭をなくすことは難しいまでも、ある程度コントロールすることが出来るようになりました
その経験をもとに口臭とどのように付き合うかをまとめました

口臭を完全になくすのは難しいが、コントロールは出来る!

口臭の原因は様々です。一般的には虫歯や歯周病、歯槽膿漏が原因となります。
しかし、歯科では所見なしとなっても口臭がキツイと感じることはありませんか?

私も歯科で処置を完璧にしたにもかかわらず、その1時間後には悪臭がしてしまいます。
ちなみにタバコもすいませんし、お酒もあまり飲みません。

それにも関わらず、口臭がしてしまうには何らかの理由があるはずですが、
歯科で少し相談してもあまり具体的な返答はもらうことができずに困っていました。

以前は、口臭が気になり人と話すこともつらくなり…

次第に人と話すのも嫌になってしまい、心も憂鬱になっていくなど、
気にしすぎたり、無力感に苛まれたことから、心身ともにすり減ってしまいました。

確かに歯磨き等はあまり真剣にやっていませんでしたが、
高校生くらいまではほとんど気にならなかったのです。
しかしながら、大人になるに連れて口臭がきつくなってきました。

精神的に落ち込んでいた一時期は身だしなみを一切気にせずに過ごしていましたので、
当然歯磨きも適当にしていました。
その結果、口臭が指摘されるくらいにひどくなり、人から避けられるようにもなりました。

しかし、最近ようやく少しづつ気にできるくらいの余裕ができてきました。
また、定期的に相談に乗っていただいていた歯科検診での検査や、
これまでの経験からある程度、口臭をコントロール出来る様になってきました。

そこで今回私が実際に試してみて効果が高かったと思われる口臭対策グッズについて、
ご紹介し効果的な口臭ケアについて皆さんに知っていただこうと思いました。

口臭対策でよくみなさんが勘違いしていること

舌磨きをしても口臭が改善されない
→舌苔は口内環境悪化の結果です。そのため歯の汚れを取らない限り口内環境は悪いままで、舌磨きをしても改善されません。

歯磨きは1日3回しているからこれ以上しようがない
→やり方が悪いと効果はありません。歯茎を痛めてしまうこともあります。

マウスウォッシュですっきりしたからなんとかなる
→自分がすっきりすることと他人に口臭を感じさせることは別です。

ガムを噛めば口臭が抑えられる
→ガムは一時的な口臭対策にはなりますが、根本的には対策になりません。

かつての私のように精神的に参っているときには投げやりになっていますので、
すこし手間のかかるオーラルケア自体があまりうまくいかないことが多いです。

それでも少しづつ出来ることからはじめていくことで幾分かマシにはなります。
特にこれまで歯磨きだけだった人がフロスと洗口液を併用することで90%改善されます。

悩みすぎずに少しづつ取り組んでいきましょう!

口臭対策の流れ

口臭対策には抑えておくべき流れがあります。
この流れをしっかり抑えることで問題点が明確になり、対策が取りやすくなります。

  1. 歯周病や虫歯等の要治療歯の治療
  2. 口呼吸の改善、コーヒーやアルコールを控えるなど習慣改善
  3. 効果的なブラッシング
  4. 歯間ケア(フロス、糸ようじ、歯間ブラシ、ウォーターピック)
  5. 洗口液によるケア
  6. 水分補給とガムによる日常的なケア

①まずは歯科で治療が必要な箇所があれば治療します

一般的に虫歯や歯周病が口臭の原因とされていますが、虫歯や歯周病があっても口臭がしない人もいますし、その逆もありますので、原因を決めつけないことが大切です。

治療が出来るものであれば治療を行い、それでも口臭が改善されない場合はそれ以外の原因を考えます。

②口臭の大敵となるコーヒーやアルコールを控えましょう

代わりに水を飲むようにするのがおすすめです。

また、虫歯や歯周病がない方で口臭がある人の多くは口呼吸になっていることが多いです。
口呼吸の原因としてはアレルギー性鼻炎や花粉症など鼻づまりが影響しています。

また、扁桃腺肥大により呼吸がうまくできず口呼吸になっている場合もあります。
こうした問題に対しては耳鼻咽喉科で相談に乗ってもらい、必要であれば治療や手術等で症状を改善させることができます。

いずれにしても口呼吸よりも鼻呼吸は体内に酸素を取り入れやすい呼吸法のため、改善することで、口臭改善はもちろん頭痛や倦怠感から開放されるなどメリットがあります。

③効果的なブラッシングは力を入れずに細かく

散々言われてきた歯磨きの仕方ですが、いつの間にか自己流で磨いていませんか?

私もいつしか自己流の磨き方で数十年磨いており、
あまりにゴシゴシと磨きすぎた結果歯茎が下がってしまいました。

一度下がった歯茎はなかなか元に戻らないので、日々知覚過敏と戦っています。
知覚過敏になると歯磨きをするのも苦痛になり、余計に磨かなくなってしまうのです。

このようにならないように以下の点をしっかり守ることをおすすめします。

参考:公益財団法人ライオン歯科衛生研究所

必ず力を入れすぎないこと、そして細かく動かすことを心がけてください。

あとは人によって歯磨きの癖があります。
私の場合は内側はよく磨けているものの、外側はあまり良く磨けてませんでした。
一度近くの歯科で歯磨き指導を受けてみることをおすすめします。

歯科に行くのが大変な方はアマゾンで以下のような染色用品が販売されていますので、
これを使って磨き残し箇所を把握してみてください。

デントクラブ 歯垢染色ジェル 5g
日本歯科商社 (1991-02-28)
売り上げランキング: 16,934

 

④歯間ケアはフロスが基本、ウォーターピックもおすすめ

歯磨きでは取れない箇所として歯間があります。
歯医者さんではフロスを使うことをおすすめされるのですが、
このフロスという糸を使いこなすのもまた大変だと思いませんか?

そんな方におすすめしたいのがY字タイプのデンタルフロスです。

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 18本入×3個
ライオン (2018-03-20)
売り上げランキング: 145
そのような際にこうしたY字タイプのフロスを使うことでとても簡単に掃除ができます。

参考:おおつか歯科医院

特に虫歯や歯周病がない人で口臭に悩む人の多くは奥歯にプラーク(歯垢)が溜まっていることが多いと考えられます。
上の図で言えば、黄色と赤色の点を念入りに磨き、歯間ケアを施すことでかなり改善されると思います。

私もデンタルフロスで黄色や赤色の箇所を掃除すると非常にきつい悪臭がします。
この悪臭が出なくなるまで念入りに磨くことでかなり口臭が軽減されます。

また、最後臼歯遠心面という一番奥歯の裏側を磨くのは非常に困難です。
そのような箇所についてはウォーターピックを使用して磨くことをおすすめします。

ウォーターピックのおすすめランキングについては後ほどご紹介します。

⑤マウスウォッシュで最後にひとすすぎするとスッキリ

洗口液(マウスウォッシュ)はあくまで最後のすっきり感を出すためのひと手間です。

これをしても、原因となる歯垢が取り切れていない場合はすぐに口臭が発生します。
あくまで最後のひと手間というだけで、これだけで口臭がなくなるということはないです。

それでもきれいになった口内環境を維持するためには有効な薬用が入っていますので、
併用することをおすすめ致します。

おすすめのマウスウォッシュを下にまとめました、ぜひご参考にしてください。

⑥ガムも良いけれど水分補給が一番大事

口臭予防として一番先に思い浮かべるのはガムだと思います。

ポスカやキシリトールガムなどは虫歯に有効な成分が含まれていますので、
虫歯になりやすい方にはとてもおすすめできるガムです。

しかし、ガム以上におすすめしたいのは「お水」です。

 

 

口臭に悩む人の多くに口呼吸が原因として挙げられます。
私もその一人でガムをよく食べているにもかかわらず口臭に悩んでいました。

確かにガムも唾液の分泌を促すので口が乾きにくくなる効果が期待できますが、
そもそも水分補給をちゃんとしていない体は唾液の分泌もできません。
また、ストレスなどで唾液がうまく分泌されていない場合はガムを噛んでも効果が薄いのです。

ですので、お水をよく飲むことをおすすめします。
お茶はカテキン成分などで口臭を抑える効果が期待されると聞きますが、
利尿作用もあるため水分補給としてはあまり良い選択肢ではないと思います。

またお茶でも口臭の原因がちゃんと改善されていない場合はやはり、
口臭がしてしまうので、あくまでこれまでご説明した1から5のケアがされている上に、
お茶がお好きであればお飲みになってもよいという程度のものだと考えております。

おすすめのデンタルケアグッズ

マウスウォッシュのおすすめランキングベスト3

ランキング1位
[医薬部外品] 薬用 リステリン マウスウォッシュ ムシバケア 500mL ノンアルコールタイプ
リステリン マウスウォッシュ ムシバケア ノンアルコールタイプ
口臭予防
爽快感
価格 633円/500ml  930円/1000ml
感想 定番の洗口液として一番オススメします。
なんといってもリステリンの爽快感がとてもフレッシュな気分にさせてくれますし、口臭予防としても最適です。

詳細ページ公式ページ

ランキング2位
NONIO マウスウォッシュ クリアハーブミント 600ml×2個 洗口液 (医薬部外品)
NONIO マウスウォッシュ クリアハーブミント 洗口液ーLION
口臭予防
爽快感
価格 486円/600ml
感想 マウスウォッシュの中では新参モノのNONIOですが、
その刺激も少なく、爽やかな使い心地ははじめの一本におすすめ。

詳細ページ公式ページ

ランキング3位
コンクールF
コンクールFーウエルテック
口臭予防
爽快感
価格 920円
感想 コップ1杯の水に10滴ほど垂らして使います。
ミント味がしますがリステリンほどの爽快感はないので、刺激が強すぎると感じられた方はこちらをおすすめします。
また歯科推奨の液体ハミガキですので、その効果は高くコストパフォーマンスにも優れています。

詳細ページ公式ページ

ウォーターピックのおすすめランキングベスト3

ランキング1位
パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ 白 EW-DJ61-W
洗浄力
使いやすさ
価格 6,895円
感想 やはりドルツのジェットウォッシャーがおすすめ。
お手頃な価格で、洗浄力もバッチリ。ただし、固定式なのでコンセントのある場所でかつ洗面台に近いところでないと使用できません。
また、動作音もそこそこうるさいので夜家族が寝ているときは使いにくいかも。

詳細ページ公式ページ

ランキング2位
パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ 白 EW-DJ10-W
洗浄力
使いやすさ
価格 4,780円
感想 持ち運びもできるドルツのジェットウォッシャーです。
こちらは据え置き型に比べると手軽に使えるところがGood。
ただしその分勢いは据え置き型のほうがあるので、持ち運び用として使い分けると良いかも。

詳細ページ公式ページ

ランキング3位
homgeekー口腔洗浄器 ジェットウォッシャー
洗浄力
使いやすさ
価格 4,280円
感想 ドルツよりもお手頃価格で手に入れられ、
また交換用ノズルが最初から7本セットになっている点がお得です。
まずはこれを購入してみるというのもありかもしれません。

詳細ページ公式ページ

 

まとめ

日常のケアは歯磨き・Y字フロス・ウォーターピックの3種の神器

歯磨きの合間には鼻呼吸を心がけ、水を飲むようにする

ストレスは溜めないでリラックス

寝る前には歯磨き・Y字フロス・ウォーターピック・マウスウォッシュ

必ず口臭は抑えることができます!一緒に頑張りましょう!