経営・マネジメント

人に買ってもらえるモノを売るというのはどういうことか?

僕はコピペのいい話特集が大好きで毎回読む。

いい話はたくさんあるのだけれど、僕はこの話を読んで自分にあったことを思い出した。

101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 00:19:29.37 id:vBrVmkmF0
ある日新聞に折り込まれた広告を見ると近所に出来た電気屋さんの開店セールのチラシが入っていた。そのチラシには「開店記念、ホットプレートで作った焼きそばを無料配布」の文字が!焼きそばが大好きだった彼は「タダで焼きそばか食べられるなら!」とワクワクしながら、弟と一緒に電気屋まで出かけました。出かけた彼らが電気屋の近くまで来た時に目にした光景は、客が誰一人としていない閑散とした店頭で、一生懸命呼び込みをしながら、焼きそばを小さなホットプレートで焼きつづける電気店主夫婦・・・

子供の目にもあまりにも寂しい雰囲気だったので「焼きそば下さい」と店の前まで行く勇気が湧かず、弟と一緒に遠巻きに電気屋を見て、そのままそそくさと帰宅したそうです。それから月日は経ち電気屋は無くなってしまったそうです。

http://hamusoku.com/archives/3667552.html

ここからは自分の話。

初めての商いは小学4年生の時のフリーマーケット

父の都合で地方に住んでいた時だから、小学4年生の頃だと思うけど、地域の夏祭りで公園の1スペースをタダで貸してくれて、そこでフリーマーケットが出来るという話を聞いた。商売っけがあった?僕はそこで要らないものを売ってお小遣いにしようと思った。

当日は僕の宝物だったポケモンのフィギュアとかお菓子のおまけとか、ライブとかで皆が振ってる光る棒とかスーパーボールとかそういう小さいおもちゃを並べることにした。

どれも僕の宝物だったから「皆もきっと買ってくれるはず!」と自信があった。

当日はプラスティック製のバッグに商品を詰め込んで公園に持っていった。

早速品物を並べたんだ。どれも僕には輝いて見えた。

だって遊戯王のレアカードもぷよぷよの巨大スーパーボールも僕の宝物だったから。

ブルーシートの上に座って店番をしていた。
けれど、何十分経って、見てくれる人はたくさんいても、なに一つ売れなかった。

ふと隣でお店をやってた友達のお店を見ると、彼女は自分で手作ったキャラクターのマスコットを一つ100円で売っていたのだけれどそれがバンバン売れてる売れてる。

その隣でスルーされる僕のお店。1時間くらいで隣のお店は売り切れ。

僕のお店はひとつも売れない。
そんなうちに隣の子はすべての商品を売り切ってしまい、店じまいを始めだした。

あまりにも売れないから、なんで売れないのかという怒りと売れない恥ずかしさでいっぱいだった。祭りを楽しむ友達を見ても自分が全然楽しくないことにだんだん腹がたってきちゃって、結局我慢できなくなって母の助けを求めた。

何十分か経ってひと通り友達と祭りを楽しんでてた僕は店のことなどすっかり忘れていた。ふと店のことを思い出して母が店番をしているところに様子を見に行った。

「なんか売れた?」と聞く僕。笑顔で「売れたよー」と答える母さん。
ちょっと悔しくて「へぇー良かったね」とこたえる僕。

自分の店を放置したのに、あまり悔しすぎてどこか他人事だった。

自分の価値と人がお金を払おうと思える価値は異なる

認めたくなかったけど僕の売ってた商品は他の人から見ればどれもガラクタだった。

ガラクタの割に強気の価格をつけていたので売れない。当たり前の話だ。

僕は大切なポケモンのフィギュアを1つ50円とかで売り出していたけれど、母さんは3つで100円とかにして売ったという。そのときは「そんなに安く売って!」と思ったけどしかたない。

かたや目をやるとスーパーボールは半額に変わっていたけど一個も売れてなかった。

僕はこのことを今でもよく覚えている。そしていくつかの教訓を得た。

  • モノは待ってるだけじゃ売れない
  • 自分が欲しい物が人にも欲しいとは限らない
  • もっとも手放すことのできるレベルの自分が要らないものは他人も要らない
  • スーパーボールはじゃなくてスーパーボール「掬い」の部分が本当の価値

人にお金を払ってもらうのはとても難しい

話は戻ってコピペだけど、電気屋さんは一生懸命お店を盛り上げようとした。

チラシも呼び込みもして焼きそば作ってお客さんに着てもらおうとした。

それでもお客さんはなかなか来なかった。

一般的に人が集まってるお店には人が集まりやすく、人が居ないお店には人は集まらない。

それよりも電気屋さんに来る人で焼きそばを欲しいと思う人は少ないだろうから、そもそもこの企画が失敗なのかもしれない。

店主は地域に溶け込むためにこういう企画をしたのかもしれない。

「最初は売れませんでしたがこうしたらすごく売れるようになりました!」とか、

「お客さんに「ありがとう」と言われてやっていてよかったです」とか、

大体の話は、電気屋さん夫婦が最後は心温かくなるオチっていうのがあるはずなんだけど、残念ながらこの話にはそういうオチはない。

コンサルタントとして生計を立てるのは商売を自分ですることに比べて非常に簡単だ。
自分自身商売をすることの難しさを小学4年生で感じたがゆえにそう思える。

モノを売るということはとても大変なことだ。
それでも自分は良いもの、良いサービスに必ず対価は支払われると信じている。

自分やコピペの電気屋さんと同じような過ちを犯してほしくない。
だから自分は、自分で企業するという行動をしながら他の人のために戦略を練る。

行動する戦略コンサルタントという矛盾をすすんでいる。